Loveゴルフ

アプローチの打ち方30ヤード!すぐに使える基本13

更新日:

前回は30ヤード以内のアプローチショットの打ち方の全体像を解説しましたので、その詳細を細かく解説していきます!

前回の記事はこちら!

腕と肩を五角形にして、肩を回転するストロークには慣れましたでしょうか?

この型を覚えることで、アプローチからチップショットやピッチショット
パターまで変幻自在にグリーンを攻略する下地ができます。

スポンサードリンク

アプローチからチップショットやピッチショットパターまで変幻自在にグリーンを攻略する!

この型がうまくできませんと、ついつい手や腕の感覚に頼った、安定性のない打ち方になりますので上達するのはほぼ難しい状態だといえます。

但し、三角形のアドレスの方がやりやすい場合にはそれでも大丈夫です!

その代りにパッティングとの整合性が
若干崩れる可能性がありますので

その分練習が必要になりますが、
適度にアジャストすれば大丈夫だと思います。

松山プロは、一般的な三角形のアドレス!

ですが、身体の絞り具合やアプローチショットのテンポが素晴らしいので
イメージを作る参考として、練習中の動画を貼っておきますのでご覧下さい!

ホールやグリーンに近いショットはスコアメイクの鍵!

として、重要な役割を果たしますので
是非、テンポやストロークをマスターしていただきたいと思います。

恐らくそれだけで100は切れるのではないかと思います。

アプローチの打ち方30ヤード以内のショットとして

チップショット(上げて転がし寄せるショット)を
番手で打ち分ける早見表を御覧ください!

この表は、ボールがグリーンに落ちてから
ホールに向かって転がる距離の早見表です。

これらを目安にするとホールに寄っていくボールを、
よりリアルにイメージしやすくなると思います。

番手 グリーンに落ちてから転がる距離
サンドウェッジ 2メートル前後
ピッチングウェッジ 3メートル前後
9番アイアン 4メートル前後
8番アイアン 5メートル前後
7番アイアン 6メートル前後

これらの数字は、

  • グリーンの速さ(硬さ)
  • グリーンの起伏(上り・下り)
  • 打ち出すライの状態(ラフ・フェアウェイ)
  • 使っているボール(糸巻き・4ピース等)
  • クラブフェースとボールのコンタクトの精度
  • ゴルフクラブフェースの溝
  • スタンス(オープン・スクエア・クローズド)

によってかなり変わります。

といいますのは、

  • バックスピン量で距離はコントロールできるのと
  • 打ち方によってバックスピン量も変わるからです。

特にグリーン上では、バックスピン量が鍵になっていますので
上級者になればなるほど、スピンコントロールで距離をコントロールしています。
※細かい上級技術は、アプローチ後半で解説しますので、現在は取り急ぎそんなこともあるのか程度の理解で良いと思います。

早見表を見ると、グリーンに落ちてからの距離が大体分かりますので
ホール手前の落とす位置を目算できるようになります。

スポンサードリンク

狙う位置はグリーンの縁内側!

チップショットで最初に狙う位置は、
グリーンの縁内側が良いと思います。

もちろんサンドウェッジが得意な人は、

ピッチショットで上げて、
ホール手前2メートル前後に落とすのが一番簡単です。

ロブショット

サンドウェッジで、上げるピッチショットはとても積極的な狙い方で
アメリカの多くのプロゴルファーが得意とするアプローチショットで
綺麗に整備されたグリーンに向いている打ち方です。

ロブショット

クラブフェースを開いて更に高く上げて落下とバックスピンで止める
ロブショットというフィル・ミケルソンが得意としている
上級テクニックもありますのでアプローチ編後半で解説します!

ランニングアプローチショット

逆に転がすチップショットはヨーロッパのプロゴルファーが得意な打ち方で
セントアンドリュース等に代表される、硬いグリーン攻略に適しています。

チップショットとは違って、フェアウェイを転がすために
ランニングアプローチと呼ばれています。

どちらもメリット、デメリットは常にありますし
いちばん重要なのはイメージし易すさだと思いますが

基本はやはりちょっと上げてから、
転がして寄せる方が難易度は低いです。

ここでは、チップショットの打ち方の基本

として、グリーンの縁内側に落として、
そこから転がすイメージを解説していきます。

チップショットで転がす!は、狙いがグリーンの縁

チップショット

出典:https://tv.golfnetwork.co.jp/

なので、悩むことが殆ど無いショットです。

グリーンエッジ内側までの距離を目安に、
そこからホールに向かって転がしていくイメージで行います。

早見表を見ると、グリーンエッジからホールまで6メートルの距離

であれば、7番アイアンで、
グリーンエッジ内側までゴルフボールを運べば、

後は自動的に転がってホールに寄るはずですから、
そこまでの距離を正確に打つことに集中します。

実際の打ち方は前回解説した、

チップショットスタンス

  • 足をぴったりつけたスクエアスタンスで
  • 五角形(三角形)を維持したまま、
  • 肩の回転だけで
  • 1/4程度のバックスイングで
  • 歯切れよくクリーンにゴルフボールを打ち出します。

7番アイアンは比較的低い打ち出しになりますので

イメージは、低い弾道でボールがグリーンエッジ内側に落ちて
そこからホールに向かって、転がっていくイメージです。

うまく行えば1メートル以内にピッタリと寄ることでしょう!

そこから1パットで寄せワン成功です!

パー5であれば恐らくバーディーで
パー4やパー3ならば、パーが取れるという感じになります。

今度はグリーンエッジ内側から4メートル転がして寄せる場合

は、早見表を見ると9番アイアンですので、9番アイアンの中弾道で、グリーンエッジ内側にボールが落ちて、そこからホールに向かって4メートル程転がって寄っていくイメージでチップショット(ピッチショット)を打ちます。

更にグリーンエッジ内側から2メートル程のピンであれば

サンドウェッジでチップショットというイメージより
ピッチショット(上げて止める)のイメージで
グリーンエッジ内側を狙って打ちます!

スポンサードリンク

アプローチの打ち方30ヤードのまとめ!

番手ごとにストロークの強弱は変わってきますので
事前に練習場などで感覚を養っておくことがオススメです!

それと打つ場所からグリーンまでの距離によって
ボールの勢いが違いますので、早見表は目安として使うことをお勧めします。

それでは引き続き次の講座を御覧ください!

 

人気おすすめ記事

-Loveゴルフ

Copyright© Love遊び!ペットとスポーツにライフスタイル , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.