白猫

Loveペット

猫の鳴き声の違いで、気持ちを理解する3つの方法と動画も!

更新日:

猫を飼われている皆さん??

猫の気持ちを少しでも理解したいと思われませんか?

当然ですが、猫は言葉を話せません。

猫とコミュニケートできれば色々な視点が持てて、もっと楽しくなるかも知れませんね?

私も2匹の猫と暮らしていますが、時々「猫と直接会話が出来たら良いのに」と思います。

スポンサードリンク

猫の鳴き声で気持ちがわかる?

もし猫と意思 疎通が図れたら、もっと猫と寄り添う事が出来ますし

気分が悪かったり、元気のない理由を分かることができますので、必要なことを気にかけたりもできますよね?

現時点で猫の気持ちを理解するには、猫の行動や鳴き声で判断するしかありません。

特に、猫は様々な鳴き声を使い分け、自分の気持ちを表します。

では、どの様鳴き声で、どの様な気持ちを表しているのでしょうか?

鳴き声別、猫の気持ちをご紹介致します。

にゃーとハッキリした鳴き声の場合?

猫がにゃーとハッキリ鳴く場合は、飼い主さんに何かを訴えているのかもしれません。

その訴えを知るヒントは、鳴き声のあとの猫の行動。

例えば、鳴きながらフードがある場所に誘導するするなら、「ご飯が欲しい」と訴えている事に。

又は飼い主が出かける直前に鳴く場合は、「行かないで欲しい」と訴えているのかもしれません。

鳴き声で猫の気持ちを判断するには、どんなシーンで鳴いたのかが、とても重要になります。

よーく見ると猫にも多くの表情があることが分かりますので表情も見ながら前後関係で理解すると良いと思います。

シャーやウーなど唸る様な鳴き声の場合?

シャーやウーといった、唸る様な鳴き声を耳にされた事はありませんか?

この様な鳴き声は、猫が相手に警戒心を持っており、威嚇している証。

「嫌っ??」「怖い」「やめて??」という気持ちが込められています。

この場合は、猫を無理矢理抱っこしたり触ったりせず、距離を置きましょう。

猫のおもちゃなどで気をそらしてあげれば、警戒を解いて、ゴロゴロモードになるかもしれませんね!

ニャニャニャやキャキャキャなど連続で短く鳴き声の場合?

猫が窓の外を見ている時や、虫を見つけた時などにこの様な鳴き声を発します。

この時の猫の気持ちは「ビックリした」「どうしたんだ」といった、興奮している状態。

特に窓の外を見ている場合、鳥や動くものを発見した際この鳴き方をしますが、そこには興奮や捕まえたいという気持ち、でも無理かもという、葛藤の気持ちも含まれています。

我が家のメス猫も良くこの様に鳴いていますが、一生懸命葛藤していたなんて分かると、益々可愛く思えてしまいます。

親バカと言われてしまいそうですが‥皆さんも同じく、飼い猫が何をやっても可愛いと思われませんか?

スポンサードリンク

猫の鳴き声の違いで、気持ちを理解する3つの方法と動画ものまとめ!

今回鳴き声で分かる猫の気持ちをご紹介させて頂きましたが、鳴き声の種類はまだまだあり、それらを聞き分ける事で猫の気持ちや訴えを知る事が出来ます。

猫と直接会話する事は出来ませんが、猫も鳴き声を通して様々な感情を訴えていますので、

そんな彼らの気持ちを理解する為にも、日頃から鳴き声の違いを感じ取っていただけたらと思います。

その他にも追加情報として

猫の気持ちが分かる5つの方法の動画を参考までに貼っておきますね!

人気おすすめ記事

-Loveペット

Copyright© Love遊び!ペットとスポーツにライフスタイル , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.