Loveゴルフ

笹生優花 タフなUSオープンを制した飛距離とスピン性能の秘密とは?

22歳の若き実力者笹生優花が、史上最年少で2度目の全米女子オープン制覇を成し遂げた。

タフなコース設定の本大会で、彼女がいかにして優勝を手にしたのか。その秘密は、飛距離とスピン性能にあった。

男子プロ顔負けの飛距離

笹生のドライバーショットは、LPGA今季平均266ヤードを超える、女子プロとしては驚異的な飛距離を誇る。

もちろん飛ばし屋の彼女は、常に満振りしているわけではなく、平均飛距離はこの数字であり、今大会でもしばしば300ヤード超えのドライバーショットを見せてくれている。

ヘッドスピードの計測値は、大体46~48キロ位であるが、フェイス角9度の割には、打ち出し角度が高く、スピンが少ないのが特徴で、ジャンボの目指す最大飛距離弾道を継承しているが素晴らしい。

全米女子オープンの舞台でも、飛距離と正確性を両立したパーフォーマンスは健在だった。

使用クラブは「キャロウェイAi SMOKE トリプルダイヤモンド ドライバー」で、独自の「A.I.SMARTフェース」が高初速と直進性を両立し、ファアウェイキープ率も、飛ばし屋にしては十分だ。

加えてIMIDE AND SUNSの高額シャフトが、高弾道、低スピンの豪打を生み出すスイングをサポートしている。

この飛距離の源泉は、単に筋力だけではない。笹生のスイングメカニクスが秘訣だ。

エネルギーを増幅する始動時の捻転の捻じり上げ時の、下半身の我慢からの力強くスピーディーな理にかなったテークバックと、トップからの切り返し時に、右腕と肩甲骨を一体にした切り返しから、一気に強靭な下半身リードのダウンスイングで加速する。

まるでプロ野球のホームランバッターのような体の使い方で、安定した軌道と早いヘッドスピードが生まれる。

まさに師匠のジャンボが目指している、「最大ヘッドスピードが精度を生み出す」というスイング理論の実践であることに違いない。

グリーン周りの卓越したスピン性能!
使用クラブセッティング:2024年 全米女子オープン

飛距離だけでは語れない。グリーン周りの精度とスピン性能も見逃せない。

ドライバー:パラダイム Ai スモーク

  • ◆◆◆(トリプルダイヤ)
  • フェイス角9度
  • IMIDE AND SUNS(イミドアンドサンズ)プロトタイプシャフト

FW&UT:パラダイム フェアウェイウッド

  • 3W:HL(16.5度)
  • ディアマナ ZF(60X)シャフト
  • APEX UW<2022年>:(19度)

アイアン

キャロウェイ「APEX CBアイアン」と「APEX MBアイアン」を組み合わせている。

  • 2023年APEX CB アイアン(4、5番)
  • APEX MB アイアン(6番―9番)
  • 日本シャフト N.S.PRO プロトタイプ

前者は球持ちが良く操作性に優れ、後者は弾道コントロールに特化した設計。グリーンを狙って繰り出すアグレッシブな狙いが可能となる。

アイアンショットには「N.S.PROプロトタイプ」のシャフトが組み込まれているが、これも高いボールフライトやスピンコントロールを高める一因と言えるだろう。

ウェッジ

JAWS FORGED(ジョーズ フォージド)ウェッジ
JAWS FORGED(ジョーズ フォージド)ウェッジ(46、50度)
NSプロ モーダス3 ツアー105

JAWS RAW(ジョーズ ロウ)ウェッジ JAWS RAW(ジョーズ ロウ)ウェッジ(56、60度)
NSプロ モーダス3 ツアー105

18番で優勝を決定づける低めのスピンの効いたウィッジショットは、忘れることができないのではないでしょうか?

パター
オデッセイ Ai-ONE MILLED THREE T DB
ボール
CHROME TOUR(クロムツアー)X ボール<2024年> CHROME TOUR(クロムツアー)X ボール<2024年>
※プロは頻繁にクラブ調整を行うため、実際使用するギアセッティングとは異なることがあります。

改めて高まるパッティング技術

全米女子オープンでは、そのグリーン周りの正確無比なショットに加え、パッティングの技術にも改めて注目が集まった。

オデッセイの「Ai-One Milled Three T DB」パターを使い、長いパーパットを何度も沈める、グリーンの読みとスムーズな回転のパットを終始行っていた。

これらの要因が重なり、パワフルさと繊細さを兼ね備えた笹生の技術は、まさにUSオープンを制する実力と言えるだろう。

今後も飛距離とショートゲームの高い技術を武器に、さらなる飛躍が期待される。

笹生優花が牽引するジャンボアカデミー

笹生優花の活躍とともに、その出身であるジャンボ尾崎ゴルフアカデミーが注目を浴びている。ここではアカデミーの特徴と、笹生優花の飛ぶような活躍の背景を探ってみよう。

## 練習環境が整った最高の施設
ジャンボアカデミーは、尾崎将司本人の手がけた1万坪の広大な練習場である。280ヤードの広いレンジに加え、2つのグリーン、バンカーなど本格的な設備を完備している。ジャンボが長年の経験から選び抜いた最良の練習器具も揃えられており、アマチュアから現役プロまで、あらゆるレベルの技術向上を支援できる環境が整っている。

「ジャンボの愛情と厳しさ」が共存

尾崎の指導には「愛情」と「厳しさ」が同居している。金子柱憲は「ちょっとゆるんだ生徒がいると雷を落とす」と語るが、一方で「若い子が一生懸命練習する姿が好き」とも。技術向上への情熱に加え、時にはたしなめることで、生徒一人ひとりに合った指導をしている。

原英莉花や西郷真央らも実際に、アカデミーで磨かれた「飛ぶスイング」を身につけている。中でも笹生優花は、アカデミー訪問当初から「別次元の存在」と賞賛されていた。

笹生優花の「飛距離」と「スピン性能」

笹生が武器とするのは、280ヤードを越える飛距離とスピンコントロールだ。ドライバーの「キャロウェイAi SMOKE」、アイアンの「Apex CB/MB」、そしてウェッジの「ボーケイSM7」など、選び抜かれた最高の武器で技を磨いている。

さらに尾崎からは、飛ばすだけでなく「基本」の重要性を学んだ。適切なグリップ、体幹を使ったスイング、そして「自分で将来を考える」という自立心を身につけた。この地力と武器があってこそ、笹生の「飛距離とスピン性能」は本物となったのだ。

ジャンボアカデミーからは、次々と逸材が生まれている。今後も世界で活躍する選手が現れることは間違いない。

ジャンボ尾崎の愛情と厳しさに裏打ちされた「最高の練習環境」が、さらなる飛躍を後押ししていく。

人気おすすめ記事

-Loveゴルフ