Loveペット

ラグドールと毛球症!ぬいぐるみが生きてるみたい?

更新日:

猫と一口に言っても、猫には様々な種類があり、それによって体の特徴や性格、罹りやすい病などが大きく異なります。

比較的飼いやすい種類もあれば、ある程度お手入れが必要な種類も。

そんな様々な種類によって特徴が異なる猫ですが、今大変人気を集めている『ラグドール』という種類をご存知でしょうか?

スポンサードリンク

ラグドールってどんな猫?青い目で毛足が長く、とても愛くるしいラグドール

その見た目から大変人気があるのですが、ラグドールにはどの様な特徴があるのでしょうか?

ラグドールの特徴について、詳しくご紹介致します。

ラグドールを日本語に訳すとぬいぐるみ!

その名の通り、長毛種で目が青く見た目も、まるでぬいぐるみの様な可愛らしさがあります。

性格はとてもおおらかで、人間に抱っこしてもらう事が大好き!

人間に依存するので、猫好きな方には堪らない種類なのではないでしょうか。

ラグドールはアメリカで最初に発見された?

ペルシャ猫とバーミーズが掛け合わさり、生まれたと考えられていますが、詳しい事は明らかになっていません。

体つきは他の種類の猫と比べると、少し大き目。

オスは5~7キロ、メスは4~6キロ程度ですが、中には10キロを超える場合も??

手足が大きくガッシリしている!

そのため、他の種類の猫より大きくなるのかもしれませんね。

私も以前ラグドールの血が半分入ったオス猫を飼っていました。

完全なラグドールでは無いので、あまり参考にならないかもしれませんが、

やはり彼も手足が大きく、一時期は10キロを超えた事もあります。

10キロを超えるとかなり太って見えそうですが、体の枠自体が大きいので、犬と間違われた事も多々ありました。

性格!ラグドールの特徴はとてもおおらか

飼い主である私達夫婦にとても従順。

猫は嬉しい時に喉をゴロゴロ鳴らしますが、彼は私達と目が合うだけでゴロゴロが始まり、中々ゴロゴロが収まりません。

既に他界してしまいましたが、あの従順さと大らかな性格が忘れられず未だに話題になる程。

できることならもう一度再会したいとさえ思っています。

話が湿っぽくなってしまいましたが、その性格からしても、とても飼いやすい猫と言えるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

ただ一つ注意して頂きたい事が、長毛種特有の毛球症!

毛球症とは、腸に毛が溜まってしまい、上手く体外に出せなくなってしまう状態です。

毛球症は他の種類の猫もなる可能性がありますが、長毛種の場合特になりやすくなります。

毛球症にならない様、毛球除去や毛球防止のフードがありますので、それらを取り入れる事でリスクは減らせるのではないでしょうか。

この様な事を気をつけて頂ければ、ラグドールはとても可愛く飼いやすい種類です。

人気がある為お値段も高めですが、1度目にすればその魅力に釘付けになるはず。

猫の購入をお考えになっている方は、ラグドールもその候補に入れてみてはいかがでしょうか。

人気おすすめ記事

-Loveペット

Copyright© Love遊び!ペットとスポーツにライフスタイル , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.